蝸牛

mantaWritten by

20141112kanban



 祝30周年。

教壇に立ち続けて30年を迎えた、Y先生おめでとうございます。万太が開店した時からのお客様で、サドルが外れて落ちる面白い自転車に乗ってやって来る、楽しいY先生。ある時は、口角泡を飛ばして人生論を語り、またある時は、社会人になった元教え子の方々と酒を酌み交わして、楽しい宴を開き、ヨロヨロと愛車の自転車を押して帰るあの哀愁の後ろ姿は、格好良かった。誠実な男気のある方で、万太の書を何枚も書いて頂いた。昨夜の祝の宴でも、団扇に力強い万太を書いて持って来て頂きました。

 一度は、体調を崩して大病院に入院中、先に快気祝だと私が焼酎の一升瓶を持って行った時のあの慌てぶり。先生、あれは自宅で飲んでくださいとお持ちしたんですよ。まったくもって、早とちりし過ぎなんですから(笑)

教え子の方々から慕われる幸せな先生。教師としての本懐を見せていただきました。

鹿児島黒豚 万太