観光地

mantaWritten by

20141112kanban



 九州は、観光地が多い地域です。
鹿児島、宮崎、熊本、大分、長崎、佐賀と多種多様な歴史や自然を活かした観光地作りが皆上手です。
 やはり、温泉なら霧島に別府、湯布院でしょうか。温泉それぞれにも、色々な特性があり効能によって、自分に向いている温泉を探すのも楽しみの一つです。
 いま福岡市では、屋台を福岡市の観光地にしようと、福岡市の高島市長が懸命になっています。一代限りで終る屋台の営業許可も見直しの対象としているようですが、各経営者がいる屋台の経営に及ぶ事まで官が入り込んではたして上手く行くのか、私自身としては首を傾げたくなります。
 それぞれの屋台には、一人一人の経営者がいるわけで、最初は官の音頭取りで始めても、最終的には利害関係が必ず発生します。第三セクターというのが全国的に流行った時もありましたが、これにしてもあまり上手くいっている例は聞きません。

屋台を観光地にしたければ、福岡市が屋台を買い上げて経営すれば良いと思うのですが・・ 上手くいく自信があればですが。
 机上で議論されている、『有識者』の方々や福岡市の高島市長さんも、一度客の座るカウンターではなく、一晩中立ち続ける現場を是非とも体験すべきです。この酷寒で皿やグラスを洗う作業や屋台の片付けが、言葉で言うほど簡単でないことを理解されるはずです。
 官の方々が考える商売と観光地とは、どのような物か、パイロット店でも出店されるべきです。その上で、議論されるのは、私自身大賛成なのですが。それと、従業員は福岡市職員であり、屋台のプロから指導を受けられてみては如何でしょうか。目線と立場を変えない限り、今のままでは、机上の空論としか映らないのですが・・・
 鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ万太