ナレーション

mantaWritten by

20141112kanban

 車の運転や仕込みの最中でラジオを聞くことが多いけれど、耳煩い喋りは疲れるのであまり聞きたくなく、スイッチを消すこともある。
喋っている御本人は、仕事で一生懸命だろうが、テレビやラジオの雰囲気を壊さない気配りは、とても大切に思う。
 僕が好きだったのは、城達也氏。もう既に故人になられたが、JALのジェットストリームのナレーションはとても心落着く番組だった。最近は、武田広氏のナレーションが聞いていて心地よい。誰もが、良いと思うのかこの方の声は、ここ最近色々な番組で聞くことが多い。姿を見せずに声だけで勝負する、ナレーターの技術というか個性は、聞き手にいかに安心感を与える心地良さに限ると思う。妙に落着いた声でもなく、かと言って、かん高い疲れるだけの声などとは、全く次元の違う「声」。言霊、音霊という言葉がありますが、やはり心に響く気持ち良い、音・声を聞きたいと思っています。
鹿児島黒豚 万太