自動販売機

mantaWritten by

20141112kanban

 店の近くにある自販機に、いつも決まった時間に小さい子供さんを連れた親子連れが、必ず缶ジュースらしいのを1本買って帰る。
これが、見事なくらいに決まった時間で、それも買うのは、1本だけ。その、小さな男の子がお母さんからお金をもらって自分で入れて買っているのだが、毎日何を買っているのかと思っていたら、丁度その親子連れさんと出くわした。その自販機は、人が近づいたり買ったりすると、「こんばんわ」とか、「お疲れ様です」とか、いろいろ喋る。あと、ルーレットが付いているので、運良くいけばあと1本が当たる仕組みで、僕も以前買ったら1本当たってホントに当たりが出るんだと妙に感心したものです。
 で、その親子連れさん、何を買っていたのかというと「カゴメの野菜ジュース」でした。大事に1本持って帰る、その親子連れの後姿は、上手く表現できないけれど何か良かったです。
 天神では、大阪弁を話す自販機に出くわした事があります。「まいど、おおきに」とか喋っていましたが、博多弁バージョンとかないのでしょうかね。
鹿児島黒豚 万太