F1撤退

mantaWritten by

20141112kanban

 ホンダがF1から撤退とニュースで伝えている。残念だけど、今のF1の情勢を考えたら撤退する良い時期かもしれない。
走る実験室として、創業者の本田宗一郎氏がレース参戦を積極的に進めてきたけれど、標準エンジンの導入検討などで、F1は昔に比べると見ていて面白味の欠けるレースとなっているのは事実。巨額の開発費と運営費を必要とする今のF1は、エコロジーの点からもやや現実味に欠けるレースとなってきた。エコロジー観点からいうと、長時間耐久のル・マンなどに目標を絞ると会社にも社会にも貢献できると思うが。
 僕がホンダーパワーの操り手として一番記憶に残っているのは、やはり故アイルトンセナ。今のF1ドライバーでも、彼と同等の速いドライバーは多くいると思うが、全ての面で彼を超えるドライバーはいないと思う。走る貴公子セナとホンダF1マシンの組み合わせ。ホンダのF1は、きっと今度は違う形でその技術力を世に広めてくれるだろう。
鹿児島黒豚 万太