お知らせ

mantaWritten by

20141112kanban

 米卸売加工会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が事故米を食用として転売していた問題で、問い合わせ等で調査した結果、万太で販売している焼酎の中には、該当会社ならびに問屋より仕入れて、仕込み米として製造した焼酎メーカーの焼酎は、販売しておりません。

 該当会社は9月8日現在、
 熊本の球磨焼酎の六調子酒造(株)、抜群酒造(合)
 福岡の光酒造(株)
 鹿児島の西酒造(株)ならびに、奄美の喜界島酒造(株)、西平本家の他1社が該当しています。

 9月9日で、熊本の美少年酒造が該当。
 9月11日で、アサヒビールが「アセタミプリド」を含有で該当。
 アフラトキシン残留米を使用した蔵元は、西酒造と喜界島酒造です。
 残留農薬基準値超過米を使用した蔵元は、光酒造、抜群酒造、六調子酒造です。 

 (※)アフラトキシンとは、地上最強のカビ毒で天然発癌物質であり、その毒性はダイオキシンの10倍以上といわれる。主に、肝細胞癌を引き起こす原因物質として知られている。毒性はB1が最も強い。なお、これまでアフラトキシンが検出されたものはすべて輸入食品であり、国産品からは検出されていない。

 万太では、今後とも「食の安全」に対して、細心の注意を払いながらお客様に安心していただける商品を御提供させていただきます。
 鹿児島黒豚 万太