新酒

mantaWritten by

20141112kanban

 今年も、新焼酎の案内が届き始めました。手が入ったこだわりのお酒から、レギュラー酒まで間もなくドンドン市場に出回り始めます。新酒から約半年ほど寝かせた焼酎を年明けに出したりと、若干時期を調整して味に個性を持たせる蔵元も多くなりました。
 万太では、ストッカーの奥に10年ほど眠る当時の新酒がいくつか眠っていますが、先日結構年数の過ぎた「新酒」を飲みましたが、これが美味ーい!ここまで円やかになるんだねという位、美味ーい!一戸建ての方で床下に穴を掘り箱の中に焼酎・ワイン・ブランデーを埋めているという猛者と話した事がありますが、これはいわゆる埋蔵型熟成法。定温の暗所で保存には、最高の場所。引っ越さない限りは、まず忘れないし確実に美味しいお酒が飲める。貴方も自宅で、将来の記念日に備えて今年の新酒をストックしてみませんか
 鹿児島黒豚 万太