黒豚の宣伝

mantaWritten by

20141112kanban

 今日は、万太の宣伝を一つ。万太では、鹿児島六白黒豚の宴会を2500円より承っておりますが、この度宴会用としてあの名物「六白葱トン」が戻ってまいります。以前、開店当初より一般メニューとして御提供していましたが、あまりの人気で暫らく封印の道を歩いておりました。それと、もう一つ黒豚無農薬レバーカツが新しく登場です。名物「六白葱トン」は、万太の宴会用限定メニューとしてお客様に登場いたします。この、名物「六白葱トン」はファンの方が多くおられ復活のリクエストが多くありました。自家製のソースと葱で仕上げた一品を宴会メニューでお楽しみ下さい。詳しくは、お問い合わせ下さい。

 黒豚無農薬レバーカツは、新しいメニューですが、今では万太ですっかり定着した無農薬の放牧黒豚レバーのカツです。このレバーは、僕もと畜場の作業を何回も最後まで見学させていただいた事がありますか、解体作業の中頃に獣医師による検査があります。そこで、獣医師により指示された枝肉は、たとえ外見は良さそうな状況であっても「廃棄」指示が出た場合は、部分廃棄若しくは、最終的に全廃棄等にもなりかねません。全ては、「食」の安全のため。安全を後回しにしたどこから来たのかわからない肉で、その時は安い・調味料漬けのマジックでウマイという肉とは、全く違います。マジックで人間の舌は、簡単に錯覚します。御用心。

 万太のこのレバーは、無農薬肥育です。当然、豚も動物ですから最低限の予防接種はしています。豚の丹毒予防とかいった予防はしなければなりませんが、家畜はどうしても自然に近いところで生活している為に寄生虫が発生しやすくなります。そこで、寄生虫に効く殺虫剤を投与しますが、ここの牧場は食の安全を第一に考えているため食物連鎖にも影響を及ぼす「殺虫剤」を使用しません。食肉センターはHACCPの許可も取り、獣医師から安全のお墨付きを貰った「万太の放牧黒豚」。コマーシャルナイズされた単なる黒豚ではなく、食の安全を真剣に極めるこの放牧黒豚。万太のイチオシ自信あります。ぜひ、どうぞ!
 鹿児島黒豚 万太