こだま

mantaWritten by

20141112kanban

 大濠の花火大会は、ビルの間からこだまする花火の音とチラチラと見える花火の閃光が妙な時間差で夏の風情を感じさせてくれました。大きく拡がる大輪の花火は、正面から見てもその反対から見ても全部円形に見えますが、花火の話を聞いたらあの大輪の花火は、実際は丸い円球になっているそうで、だからどこから見ても円形に見えるそうです。
 でもでも、やはり今の時代を反映しているのでしょうか、いつもは花火大会が終わった後には、花火見物の車と仕事帰りの車で必ずといっていいほど大渋滞していた道路が昨日は、車がまばらにしか走っていない。車をやめて徒歩で近所から花火を眺める人が増えたのでしょう。その代わりに、大濠公園周辺の橋の上は、近所の人と思われる人・人・人。橋の上からだと障害物が少ない上に、川を吹く風によって周囲よりは涼しいみたいです。
鹿児島黒豚 万太