大阪新世界

mantaWritten by

20141112kanban

 biriken 20080625162144.jpg                     先日の大阪新世界の串カツの続き。この串カツおやつ的な感覚で食べる物と感じた。昼から、串カツとテッチャンでガンガンヒールをやっていた制服のOLさん達がいたのには、ちょっと目が点になったけれど、お酒のアテが似合う食べ物である事には間違いなかろうし、お年寄りから子供まで幅広い人気の食べ物でもある。ジャンジャン横丁の周辺には、観光客専用とわかる店から地元のリピーター用とわかる雰囲気の店が多くあるけれど、僕個人は地元密着型の店舗が好みでした。大阪の店舗広告文化は、まずコテコテありきで、更に立体型の看板ないしはオブジェを作るのが長けているとわかります。道頓堀周辺には、「くいだおれ」さんをはじめ、ふぐのオブジェがある店舗やカニの足と目玉が動く店舗など、とにかく目立たなければダメっという感じです。味の方はというと、何軒も廻ったわけではないのですが、ソースは甘めのサラサラで、当然「ソースの2度漬けお断り!」と大きく書いてある。地元の人の食べ方を見て習い、少々タップリ目に付けて垂れるソースを取り皿に溜めながら、生キャベツをソースに付けて食べるやり方が良い感じでした。次ぎは、はしごをしてみようと思います。
鹿児島黒豚 万太