新酒

mantaWritten by

20141112kanban

去年の秋に出来た焼酎の新酒を、蔵で少し寝かせた焼酎が、この春に少しずつ発売されています。日本酒のように出来立ての瑞々しさというより、蒸留酒である焼酎は、やはり時間をかけたほうが味は安定するというもの。万太でも、新酒から仕入れて寝かせたまんまの焼酎も幾つかあります。長いもので約10年位の物もあり、今では終売なった銘柄も。暗闇のストッカーの中で埃をかぶりながら眠っていますが、本来なら、仕入れたものですから販売しないと棚卸上問題はあるのですが、年数が経つと妙に愛着が出るというか、終売になったものは特に大事にしたいとの思いが強くなって段々とストッカーの主となってしまいます。今ならどんな味に変貌を遂げているかなと興味はそそりますが、開ける勇気は今はちょっと。その中には、和水していない原酒もありますが、味は確実にまろやかでしょう。ま、想像するだけで美味しい酒談義になります。
鹿児島黒豚 万太