「へ」が大変

mantaWritten by

20141112kanban

桜島の昭和火口が最近小規模な爆発をしています。人的災害は、まだ出ていませんが、垂水周辺では「へ」が大変そうです。「へ」は「へ」でも、あっちではなく空から降ってくるアレです。へ=灰で、火山灰を「へ」と言いますが、屋根や道路などに積もり、風に巻き上げられて、戸締りしている家の中まで侵入してくるから厄介です。鹿児島市内の路面電車なども、ポイントに灰がたまってしまい信号が変わらなくなるトラブルもあると聞きます。乾燥しては、空中を舞い、水分を吸ったら泥みたいにベタベタしてしまう手の焼ける自然のお土産です。お客様で来られたパイロットの人と話した事がありますが、黄砂はエンジンにはさほど支障はないけれど、火山灰はエンジンをストールさせてしまうほどの性質があるので注意が必要と言われていたのを覚えています。ま、自然が相手ですから、人間側が合わせて付き合っていく事が必要ですし。「へ」との付き合い方も大変です。
鹿児島黒豚 万太