並ぶ

mantaWritten by

20141112kanban

東京の人々は、普通の生活の中で、並ぶ事に慣れっこだから違和感を持つ人はあまりいないと思う。僕が、先日関東の全国区超大手スーパーに買い物行った時に、約30台強あるレジが全て一杯。そして、そのレジ毎に約20メートルくらいのレジ待ちのお客さんが並んでいる。平日でコレなんですが。30台強のレジといったら、なかなか壮観な眺めです。1番レジから30何番のレジまで歩いていたら間に合わない、用件のためのスタッフも走ってる。やっぱ、スゴイはこちらは。で、僕もそのレジ待ちの客の一員になりひたすら待つ事に。コレがいきなり、都会生活をしていない例えば博多の人が巻き込まれたら・・ストレスたまります。ふと思った事は、ここの関東の人も口には出さないというか諦めているというか、ストレスの負荷は地方の比ではなかろうと。刺身とかの生鮮品は、夏場のこの行列は結構キツイか。買い物に行ったのが、午後の8時過ぎ頃でこの状態ですから、ここに並んでいる人達に普通の主婦の人もいたわけで、共働きの帰りの人だと思いますが、これから帰ってご飯作って片付けて風呂に入ったりしていたら、睡眠時間は少ないよななんて思ったりした。僕らも、普通の生活ですか?と、聞かれても、朝方近く毎日寝る生活が日課ですから。普通って何だろうと思ったりもするけど、自分の体がどうにか健康で生活できれば、陽が昇る頃に寝てもその人にとっては、普通の生活だろうと思います。たまにビックリするのが、朝の4時頃まだ真っ暗な時間に散歩をしている初老の方をよく見かけます。こちらは、仕事帰りであちらは、1日の始まり。こうやって見ると24時間って長い。
鹿児島黒豚 万太
Email