ガチンコしなきゃ

mantaWritten by

20141112kanban

 最近、また食品偽装のニュースが飛び交っています。今回は、あんこ系和菓子老舗と東北の鶏肉の偽装ですが、僕もお客様に対して食品を提供させていただいていますが、偽装は最後には人の良心で暴かれるものと考えています。鹿児島黒豚も、以前に業者による大きい偽装事件が判明して逮捕者まで出てしまい、市場の信用を失墜させた事があります。結局は、正直に販売している業者までをも巻き込んで経営を破綻させる影響力のある恐ろしい一つの「犯罪」です。白は白・黒は黒というスタンスを業者が常に持たない限り、悪魔の誘惑が手を伸ばしてきます。その時は良かろうが、後のつけは何百何千倍にもなって自分に返ってくるんですけどね。食べ物だけではなく、お酒とくに「焼酎」も疑わしい体験が僕も多くあります。まず、外で飲む焼酎のロック。僕が体験した事があるのが、ロックが水割りになっていた事。ロックでと念を押して何杯頼んでも、僕の前に運ばれてきた焼酎は、25度じゃなくて20度以下の希釈焼酎。体調が不安定の場合は、酒の味わい感覚が変わる事がよくありますが、体調も普通でましてや飲んだ焼酎の中身に水の味の感触があれば、ちょっと飲みなれた方には解かるはずです。肉にしても酒にしても、本当の物と味わいを提供する義務が僕らの仕事。目先を見誤ると奈落があちこちに見えてきます。この飲食以外の業界にも、今回の件は同じ事が言えるはずです。
鹿児島黒豚 万太