薩摩焼酎

mantaWritten by

20141112kanban

kurobuta sengen.jpg

kurobutasatsuma satsumamark.jpg

薩摩焼酎が2005年12月、WTOの知的所有権に保護規定であるトリプス協定で地理的に「薩摩」の名が産地呼称として認証されましたが、今年は薩摩焼酎のブランドマークも出来ました。薩摩焼酎の新マークも誕生し、これにより薩摩焼酎の呼び名がブランド名として保護されました。他に保護されている、壱岐焼酎・球磨焼酎・琉球泡盛・ボルドー・シャンパーニュ・シェリー・コニャック・アルマニャック・スコッチ・バーボンなどと肩を並べています。芋焼酎の蔵元の売り上げもほぼ対前年比に対して100%越えしていますが、焼酎ブームのピークだった2004年と比べると焼酎全体の売り上げは、約2パーセント弱減少しています。バブルだった頃の何でも良いから芋焼酎という感覚は既に過ぎ去り、本質的に旨く適正な価格の焼酎が今から主力になることは間違いないでしょう。とにかく、1杯2000円とか3000円とかの幻のナントカと言った売り方は、時代遅れの感覚と言って良いと思います。適正な価格があって安心して飲めるわけですから。あくまで焼酎とは、大衆のお酒。それであってこそ、末永い焼酎の歴史が繁栄すると思います。
鹿児島黒豚 万太