KBCドォーモのテレビ撮影

mantaWritten by

20141112kanban

プロ用のテレビカメラってデカイ。ハンディカムなんぞ、手のひらサイズがありますが、やはりプロ用となると性能も違う次元でしょうが、肩に担いで撮るのは大変そう。先日、万太にKBCテレビのドォーモの取材クルーの方々がやって来ました。取材する方は、ドォーモの中島浩二さんとスター高橋さん。中島さんは、何とタキシードでご来店でビックリ。中島さんの会社には、万太が開店した頃に初めてラジオの取材でお世話になりました。この日は、スター高橋さんをおもてなしという設定らしく、中島さんは案内役。撮影クルーは、4人で1チームという形で、ディレクター、カメラマン、音声、アシスタントさん達がそれぞれの役割で取材開始。店狭くてやりにくかったでしょうスンマセン。今回のタイトルは、肉祭りのタイトルでお肉にこだわったお店を取材しているそうで、万太も取材先として選んで頂きました。ありがとうございます<(_ _)> 今回の撮影では、黒豚とアサリ鍋と黒豚角煮をご提供しましたが、食べるのは高橋さんがくじ引きでアタリを引かないと食べられない設定です。12時過ぎから始まった撮影は、なんやかんやで2時間ほどで終了。塩味だけで勝負の黒豚とあさり鍋と黒豚皮付き角煮を美味しく撮っていただいたようで、感謝御礼申し上げます。放送は、9月10日月曜の放送だそうです。詳しい内容は、テレビでどうぞ。
鹿児島黒豚 万太