アビスパ残念

mantaWritten by

20141112kanban

 サッカーの世界に、今ひとつ理解力の無い自分ですが、昨日の神戸とのJ1入れ替え戦は、仕込みをしながらずっとテレビに釘付けでした。結果は、残念。5年ぶりのそして、たった1年のJ1在籍という結果は、残念至極です。入れ替わりで、神戸が昇格。勝負の世界ですから仕方が無いとしても、神戸の監督は今年アビスパを解任された松田監督ではありませんか。チームの事だけを考えて昇格に努力していた神戸と、残留を希望に練習試合と励んでいたアビスパの差。この差は、何と言っても監督の置かれた立場が一番でしょう。松田監督が一番気合入っていたのは間違いない。監督の気迫が選手にも伝わったのではないでしょうか。攻めの精神でいくのか、守りで固めるのか。均衡していた試合で、一番大きかったのは神戸の先制ゴールとアウエー方式の1ゴール2ポイント。点数自体は、後半残りにアビスパも同点とはしましたが、アウエー方式で降格の涙。悔し涙を嬉し涙に変えるのは、勝って這い上がるのみJ1に。これが現実。  鹿児島黒豚 万太