サッポロビールさんより焼酎の見本品

mantaWritten by

20141112kanban

サッポロビールより新発売・本格焼酎・からり芋 万太が扱っている「サッポロビール」さんより、先日芋焼酎の新規発売で見本品を1本頂きました。とうとうサッポロさんも芋焼酎の時代か。焼酎の名前は、「からり芋」。もう既に発売はされていますが、このプロトタイプ仕様の無地のラベルに見本品と書かれているのが何となくイイ。理科の実験室の試料の瓶もこんな感じだったりして。しかし、理科室のはメチルばかりだからまずいかな。製造元は、鹿児島日置の小正醸造さんで「小鶴」を造っている蔵元さんです。この「からり芋」の味は、芳醇な口に拡がるサツマイモの旨味をしっかり抱いている味で、お湯割にもよく合う焼酎だと感じました。半分ほど和水して冷蔵庫で3日か4日程寝かせて燗を付ければバッチリです。ここの蔵の師魂という焼酎もなかなか美味しいし、スーパーで売ってある小鶴の16度のワンカップは、僕が休みの時などに飲ませていただいてます。よくお客様から、休みの日は焼酎いっぱい飲めてイイねなんて言われますが、実際は地味なものです。16度のワンカップを1本ロックで飲んで終わりというのが殆んどです。仕事で焼酎をセレクトするため試飲をする事が多いので、本格的にプライベートで飲むっていうのは、盆と正月位でしょうか。試飲も仕事モードの時は、いい味を捜さなければなりませんから「酔う」という感覚は、皆無に近い感じです。さて、この瓶何に使いましょうか。一輪挿しにしたら、お花が酔っぱらうかな。  鹿児島黒豚 万太