コンビニの看板

mantaWritten by

20141112kanban

このコンビニの看板って普通青色じゃない??茶色の看板ってはじめて見たんだけど。前から通るたびに気にはなっていたが、先日桜島に行く機会があったもので、今回はそのコンビニに買い物がてら立ち寄って、その茶色の看板について聞いてみた。『すみませーん、ここのコンビニの看板なんで茶色なんですか?』の問いかけに、まったりとしたかごんま弁のイントネーションで『ここは、国立公園なので看板は周りの環境に影響を与えてはいかんと決まっています』と。ははーん、そうかこの看板の色は、桜島の山の色ってよりも、溶岩の色じゃ。溶岩に鉄分が多く含まれるから、溶岩が薄茶色になっている所が多い。国立公園の中では、景観に悪影響を与える広告物は規制の対象になっているらしい。ここ桜島は、霧島屋久国立公園内にあり、実際に環境省自然環境局のウェブの中にある自然公園法の第13条が適用されると書いてある。要するに、看板といえど周りの環境を乱さないように溶け込みなさいということなのだろう。まあ確かに、ここのコンビニは、溶岩道路の中にありますからね。周りは桜島から流れ出た溶岩で、景色の色が茶色から黒色に染まっている。ヨーロッパの街とか景観の色が綺麗に揃っていて、街全体がアートの様な美しさを保っていて見るものの目を奪います。日本の街もそうであって欲しいと思いますが、現状はちょっとね。景観ってやはり大切ですよね。  鹿児島黒豚 万太