黒豚と銘柄豚

mantaWritten by

20141112kanban

 黒豚が巷で名前を知られるようになってもう何年だろうか。初めは、食べた事もないしどんな味かと思っていた人々も、今は大抵の人が知っている銘柄豚の中の一つとなった。銘柄豚と呼ばれる豚が急激に増えたのは、BSEが流行してからの出来事であり、その穴を埋めるために活用されたのも一因があるし豚肉自体が体に優しいというのも大きな要因になっている。ただ、その時間の経過の中で「黒豚」の名前だけが一人歩きをして美味さが置いてかれている黒豚もあるのは事実。僕は、街角に黒豚の看板があればどんな加工品にしろ必ず食べる事にしている。先入観なし国産外国産問わず、「黒豚」とあれば全てにチャレンジ。しかし、加工品ではないごく普通のフードメニューで「黒豚」と書いてある中でも、まさかこの味ではなかろうもんと首を傾げたくなる「黒豚」の味もあるのは事実。看板を全て信用している自分だから、中身の肉の真偽は別にして、全て「黒豚」と信用しての事。そんな黒豚肉を見ると無性に悲しくなる。名前だけで売り買いされ、中身の味が抜けている黒豚だ。この食べ歩きをするようにして解った事が数々。本当に、安全で安心な黒豚、出所がハッキリしている黒豚。万太では、更に安全安心を心がけ、お客様にお伝え出来る事があれば、出来るだけ正確にお伝えできる仕組みをこの小さいお店ですが、努力して進めて行こうと思っています。明日の黒豚のためにもガチンコで勝負。  鹿児島黒豚 万太