九州新幹線

mantaWritten by

20141112kanban

 JRの鹿児島本線に乗っていると、九州新幹線の橋桁や高架が段々と形を現してきました。久留米の筑後川に架かっている橋も殆ど完成状態で、2011年でしたか全線で開通すると聞いていますが、この開通で商圏がストロー効果もあいまってガラリと変わるのは、ほぼ間違いないでしょう。だけど、車窓から見える新幹線が停まらない町々の行方は何となくですが、明るさは見えないような気がしますが。お客様で来られる民間のパイロットのお客様の話では、「空から見ると新幹線の高架が日ごとに繋がっていくのが良くわかりますよ」と言われていました。上から見たら、確かに模型を作るように変わっていくのだなと感心しきりです。昔は、九州管内でも寝台列車があったんですけどね。あれはあれで、結構便利で夜12時頃博多を出ると、朝7時頃には鹿児島や宮崎に着く寝台列車で行くと横になって寝れて良かったのですが、時代の流れで廃止になりました。しかし、短時間で移動が出来るのは便利ですが、そののりで時間を急かせる慌しさは、南九州の風土には不向きのような感じもするのですが。  鹿児島黒豚 万太