梅雨の雨

mantaWritten by

20141112kanban

 梅雨時の雨は、ジトジトして服もバッグも濡れてしまって、おまけに傘もさして歩くときなど大体にして手には何やら袋をいろいろと持っていたりで、かえって傘が邪魔になる事もあって背中に傘を立てて歩きたい時があったりするこの頃です。なぜか今年の梅雨は、陽性型のようでシトシト雨よりドワーッと雨が降って、しばらくすると何事もなかったように雨の止み間がきたりで、雲を見ながら外出のタイミングを見る事が結構大事です。雨が降らなければ降らないで、農業や飲み水に影響をきたすわけで、逆に降りすぎると災害をもたらしてしまいます。雨に付き合うのは人間の方が、歩調を合わせて行かなければならないようです。今から、20年以上前に福岡でも水飢饉があった時は、銭湯も給水時間に合わせて営業が3時間とか4時間とか凄い短い営業だったし、これがまた水が限りなく出ないもので、水の色が赤水みたいな色で、コレで風呂に入らなきゃいけないのみたいな悲惨さは、今でもはっきりと覚えています。飲み水も今みたいにウォーターボトルがあったわけでもなかったので、自販機のジュースしかこれといった水分補給がなくて、水の大切さを体で痛感したものでした。   鹿児島黒豚 万太