携帯電話のカメラって

mantaWritten by

20141112kanban

 ほとんどの人は、携帯電話のカメラって間に合わせじゃないのと思っている人が多いと思いますが、そうじゃない事を実証する写真をアップしました。使っている携帯は、ドコモのFOMA。画質は、スーパーファインで、サイズは1536×2048の携帯キャパ最大。ピントは、マニュアルでライトは全てオフ。光源は、裸電球1個。以上。確かに、レンズはピンホールカメラに毛が生えた小ささで決して明るくはありませんが、ホワイトバランスはカメラを光源に向けてロックすれば、ニュートラルカラーになるので大丈夫です。それで撮ったのが、トップページにある豚のミニチュアイメージ。ピントは、手ブレの恐れがありますが光源が明るければ、しっかり構えればあまり心配は要りません。実際、携帯カメラの数字データは見てはいましたが、仕上がりはそこ付近のデジカメと何ら遜色のない仕上がりになり、改めて携帯電話カメラの力を感じました。ズーミングすると、普通のデジカメも画面は荒れますが、ここは携帯も同じです。但し、ピクチャーライトはストロボではないので、カチッとした太陽の下での日中シンクロは無理です。逆に、ピクチャーライトは写真の雰囲気が落ちるので、あまり多用しないほうが良いと感じます。というわけで、携帯電話のカメラといっても侮れませんぞ。  鹿児島黒豚 万太