ヒットメーカー

mantaWritten by

20141112kanban

 オールナイトニッポンは、当時としては数少ない深夜放送だったけどそのライバルとしては、パックインミュージック、セイヤングがありそれぞれ特徴を出しながら放送を競い合っていたものだった。当時は、AMラジオで完全全国放送はなかったけれど、音楽のヒットメーカーとしての役目を果たしていた。当時の音楽はレコード販売が全てであり、音楽セールスを促進する一つとしてジュークボックスランキングなんてものがあったりして、結構面白かった。ジュークボックスの正式名って、EPレコード専用の音楽再生販売機か?一曲、20円とかでコイン入れるとラックの中からガシャーとアームがレコードを挟みおもむろにターンテーブルにドカッと置きアームがヌ〜ッと降りてきて、いざミュージックスタートって感じだった。曲目は、和洋問わず何でも入ってて、ロック系からド演歌まで何でもあったから、曲によって場の雰囲気がもうバラバラ。クリーデンスクォーターリバイバルの『雨を見たかい』がかかっていら、いきなり北島三郎がドワーンとかかりどうしようもない状況になる事も良くあったもんだ。大体、ジュークボックス自体若い人は知らないだろうし、今存在し活躍しているとすれば相当マニアックな店か、博物館のような所にしかないはず。置いてある場所は、ボーリング場がダントツ多く、喫茶店、海の家なんて変なところにもあったよなー。地味な活動をしていたヒットメーカーの一翼なのだ。 鹿児島黒豚 万太