春霞とは言い難い

mantaWritten by

20141112kanban

 昼なのに外は、白いもやがボーっとして昼なのか夕方なのかわからないような風景になっている。霧といってしまえば、風情がなさすぎる。春霞とは、ちょっと違うがこの様な天候になると段々とだが春が少しずつ近づいて来ているのを感じる。こんな時は、なぜか辛ーいカレーを食べたくなる。唐辛子系ではなく、カレーの香りと辛さで目を覚ましたい感じだ。
 ところで、こんなに霧っぽいと路面がジトーっと濡れている。これが危ない。特に、磨かれた階段、ホールの床。滑る滑る。街でたまに見かける光景。ツルッといったら重力の法則で下に落ちる。落ちたら当たる。当たると痛い。痛いと顔がゆがむ。ゆがむ顔を見られる。見られると恥ずかしい。恥ずかしいのは嫌だ。
どうぞ、皆様もお気をつけて
 鹿児島黒豚 万太