味の違い

mantaWritten by

20141112kanban

 焼酎を御飲みになるお客様の指名銘柄が広く増えたのは、提供する側の人間としては大変喜ばしい事。確かに、特定の有名銘柄を飲みたいのは十分理解できるのだが、MとかMА、Hの類の焼酎は確かに美味いが、そこで終わってしまう方が結構多いように思える。
 何を飲むかは確かに個人の自由なのだが、焼酎業界も競争であり、超メジャーからどマイナーまで色々あるわけで、その中でも知らないうちに味の優劣の変化は起きているのも事実。
 芋も、コガネセンガンから、紅芋の種類も多く、和菓子用のさつま芋を使った焼酎もあり、ただ単に芋焼酎と一言では片付けられない様になっている。名だけではなく中身に付いても知ることが出来れば飲み手側としての幸せ度は上がるのだが、何といっても銘柄にこだわる事を最優先しなければ、造り手である蔵の姿も見えてくる。焼酎蔵も山の中に建つ蔵もあれば、海のすぐ近くで焼酎造りを行う蔵もあり、モルトやワインの宣伝ではないが蔵の周りの風景まで思い浮かべることも出来る。マイナーな酒だと思って飲んだら、味の良さに驚き180度価値観変わるぐらい酒の見方が変わる事もあるのです。心も体も幸せになるお酒に感謝。
 鹿児島黒豚 万太