生ビール売り子さん

mantaWritten by

20141112kanban

 福岡ヤフードームに野球観戦に行くと球場内では、色々な食べ物をを売り子さんが販売している。
私が必ず買うのは、生ビール。やはり、ライブで野球観戦なら生ビールが必修のアイテム。この生ビールにしても、売り子さんは、女性の人たちが大変多い。若い女の子が10リッターの生タンクを背中に背負って、球場の階段を上へ下へと移動している。タンク満タンで装備を入れた場合、体力がないとヘタレになる肉体労働である。お客様に生ビールを注ぐときも、周りの配慮からかた膝付いて対応しなければならない。
 よくよく観察していると、やはり売り方によって差が出ているのがわかる。「生ビールいかがですか~、冷たい生ビールはいかがですか~」と、スマイルと通る大きい声で球場のお客さんへ売り込みをする。ここまでは、普通だけど生ビールの紙コップをプルプルプルと遠くからも見えるように振って、更にスマイル。このようにしている売り子さんのほうが良く売れている。若干慣れてないのかなと思える売り子さんは、声とスマイルがまだ慣れていないようで、売上げもそれに比例するようだ。
 ドームでは、アサヒとキリンが競合しているが、銘柄ではなくて売り込み方で売れる売れないが決まってくるようだ。先日見た生ビールの女性の売り子さんは、紙コップをプルプル振るだけではなく、紙コップの下に中指を置いてスマートに見せる売り方をしているのを見て、ある種感動した。たかが、紙コップではあるが、その見せ方目立たせ方に、個性と工夫の真髄を見たものであった。しかし、基本はスマイルである。この明るい爽やかなスマイルで、おじさん達の生ビールの杯数が増えていくのであった。
鹿児島黒豚 万太