赤身と白身

mantaWritten by

1409

1409お肉には、赤い部分と白い部分があります。
赤いところは、赤身と呼びますが、普通に白い部分は、何と呼ばれているでしょうか?普通に脂身と呼ぶ方が多いと思いますが、私たちは、それを白身と呼んでいます。赤があり白がある。赤と白が補い合いながら、最高の旨味を演出します。
昨日、ご来店いただいたお客様も、ロースだけだとなんか食べ飽きするけど三枚肉があると、ぐっと旨さが際立つよねと言われておりましたが、まさしくその通りで赤身と白身の立場は、ほぼ対等といっても言い過ぎではありません。微妙な肉質を作り上げるのは、黒豚独特の個性でありそれを良い形で提供するのが生産者方の努力でお客様の満足のお声となります。特に、かごしま黒豚の白身の部分は、良質な飼料と肥育環境により大きく差が出てきます。ウマいを感じる、かごしま黒豚の赤と白。是非、ご賞味くださいませ。
かごしま黒豚 萬大manta