お盆ですね

mantaWritten by

20141112kanban

 お盆といえば、郷里に帰りお墓参りをしてご先祖様にご挨拶をする方々が多いと思う。
本来、お盆は7月だったのだが、暦の関係でそれが8月になり全国的にそれが定着しているが、まだ関東や九州の一部では、7月お盆の慣わしが多いところもある。やはり、お墓参りは、個人的にもオススメしたい慣わしである。顔も知らない自分のご先祖がそこに眠っているのは事実であるわけであり、また自分の中に流れるDNAの一つが以前は、その方にも流れていたわけだし。個人的には、DNAにこだわりすぎるのも変な話と思うが。産みの親は違えど、育ての親が愛情を注いでくれた方もいらっしゃるわけだし。それよりも、いま自分がここにいる感謝をお伝えするのが一番であろうと思う。
 不謹慎かもしれないが、ここ最近消防のレスキュー出動が大変多いと聞く。それは、火災や交通事故の出動ではなく、体調不良で倒れた方を救助するための救命救急のサポートとしてと聞くが、屋内で倒れる方々の原因は、やはりこの暑さに起因するのが多いらしい。今の時代、自宅で自然な臨終を迎えれる方は限りなく少ない。ほとんどが病院のベッドの上であり、延命措置を施された方が臨終の自由を制限され、患者本人は、彼岸に行きたくとも周りが許してくれない関係であったりする。潮の干満が、生や死と関係すると聞く。亡くなった自分の身内も干満の時間帯であった。自然な臨終を迎える事を考えたお盆の一日であった。
鹿児島黒豚 万太