ワインの試飲サンプル

mantaWritten by

20141112kanban

 万太もワインあるんですよと言うと、お客様が不思議な顔をされることもある。
焼酎にこだわる店にワインなんてと思われているようだ。確かに、芋の品種・産地までこだわり、更に蔵元までこだわる方法も取ってはいますが、いくらなんでも芋焼酎だけなんてことはありませんので、どうぞご理解を(汗)。
 先日、ワインリストリニューアルでコレは一押しという一品をサンプルで頂いた。こういう場合、私一人の独断というか舌で決めるのは極力避けている。複数の人間が飲んで標準と感じられるのがベターである訳で、マニアックな味もお好きな方もおられるだろうが、やはり当店の場合は標準が良い様だ。
 一押しというのが問屋さんの意見であったわけだが、飲んだ3人が3人の感想はと言うと、これ最後まで飲めないというやや残念な結果に終わった。口に含んだファーストアタックまでは良いのだが、その後に舌にまとわり過ぎといった渋みだった。確かにその品種の葡萄であったわけだが、渋みが残り過ぎるのは、採用できない。お酒は、嗜好品であるわけで、人それぞれの味の違いというものもあるのは当然だが、やはり私たちのジャンルだと中庸に重きを置くのがベストのようだ。
 鹿児島黒豚 万太