mantaWritten by

 120315_205234.jpg

 さつま無双が手がけた「俊」。
飲み飽きしないドライ辛口の薩摩焼酎で、紺碧色のボトルは、東シナ海の海の恵みを表しています。仕込みに使う甘藷は、その東シナ海に浮かぶ長島生まれの「くりあずま」。
 白石酒造さんの「栗東」は、和菓子用の甘藷の特性を最大限表現していましたが、この「俊」は、硬派芋焼酎の二世代目と言える様な、ゴリ押ししないさりげなさに溢れる辛口の硬派でしょうか。
 残念ながら、ここ最近は、味の一本締まっていない八方美人的な芋焼酎が主流となり、どれを飲んでも皆一緒だなと思える芋焼酎が大半を占める中、立ち位置が明確な焼酎が新しくきっちりと存在する事に、酒造りの杜氏の心意気が伝わってきます。俊を味わいながら、紺碧色のボトルを眺めていると長島から望む美しい東シナ海が目に浮かんできます。
鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ 万太