寝過ごし

mantaWritten by

20141112kanban

 先日、お客様と電車に乗って寝過ごした事の話をしていた。
私自身は、電車通勤自体をした経験がないので寝過ごし経験は皆無だが、そのお客様の最長距離は、博多駅より西鹿児島駅、今の鹿児島中央駅まで昔あった深夜特急で行ってしまった方だった。実際の降車駅は、久留米駅だったものを乗り過ごして車掌から起こされ、ホームに出たら桜島が見えたというから、悲壮感より笑えてしまう。彼は、ミスター桜島と呼ばれるらしい。
 ちょっとだけの居眠りが、一晩バス停のベンチが自宅のベッドに思えたり、バスの終点まで行ってみたりと、そのちょっとだけが、えらい遠距離まで「旅」に出てしまう。ちょっとだけの始まりは、気持ち良い天国気分と、そのミスター桜島氏は述べていた。
 鹿児島黒豚 万太