光り

mantaWritten by

20141112kanban



 年初の新聞に、来年もまだ就職氷河期が続くだろうと載っていたが、若い学生さん達には、就職の二文字が常に焦りと不安になり頭をよぎる事と思う。

 大阪の戎橋に正月夜出掛けてみたが、同窓会だろうか若い方々が笑い声で大盛り上がりの光景をいくつも見た。酒で憂さを晴らす気持ちはなかろうが、やはり久しぶりの友との再会は、友の顔が大人の顔に変化しているのに驚く方々も多かろう。言いたい事や考え方を友達同士でぶつけ合うのは、物事の認識を解りあえる良い機会でもある。

 就職の際に利用するネットの就活サイトにも、意識的に就職を困難と学生に勘違いさせる力があると報告されていた。私自身もインターネットのオリジナルホームページで万太を運営しているが、これが飲食店専門の有料ポータルサイトだとかなりの高額な掲載料を請求する会社が多いし、またこれが普通でもある。
 就活サイトに掲載されている会社は、この就活サイトのお客様でもあるわけだが、上場企業されている会社ならまだしも、何ページにもわたり掲載するとなるとかなり高額な掲載料を支払わなければならない。

 という事は、地方でも力があるにも関わらず資金力が乏しい会社にとっては、輝く物を持つが、世間一般でいう一軍の就活サイトにはなかなか掲載出来ないのが事実であり、学生さんもそれに気付く事がないまま、就職の機会を失う事になる。光り輝く物は、美しく羨望の眼差しで見られるが、最初は、普通のそこいらに転がっていた石と同じだったわけで、企業とそこに勤める方々の努力で光る石となっていった。だから、学生さんもネットの就活サイトに全てを委ねるのも、これからは再考すべきだろう。上場企業も安定性がありそれが良いと思い就活する方も大勢おられるが、自分自身で石を磨いて光らせるダイナミックに賭ける仕事の世界が普通にあっても良いはず。
 鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ 万太