時計を直す

mantaWritten by

20141112kanban

 掛時計の電池を交換してる最中に時計を壊してしまった。
時間を調整しようと裏側のダイヤルで調整していたら、そのダイヤルの根元からバキッの音と共に折れてしまった・・・・あたーっ。 20年来使ってきた安い時計なので、普通なら買い換えてしまうものだけど、この時計には何故か家族が大事な写真を貼っているので、何としても直してほしいという。写真といっても小さい写真なのだが、1枚しかないということでこの時計の復活を期待される。
 しかし、夜中になんで時計の修理をせんといかんのやろか・・ また、仕事終わりで帰宅したばかりなので目が何気に疲れて、小さいネジを回し裏蓋あけて直そうとしていたら、今度は歯車がポロリ・・ 怒怒怒 もう無理やろコレ!! 風呂には入れんし、しかし時計復活はかかっているしで、ほとんど神経衰弱状態で歯車を戻しラジオペンチの先で時間を調整し、裏蓋を閉めてやっと完成!何とか秒針も動き出し、深夜の時計修理は終了。もう、精も根も尽き果てました。風呂入る気も、起きらんし トホホ しかし、来年の電池交換も同じ事をするのだろうか・・・
 鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ 万太