おめでとう杉内投手

mantaWritten by

20141112kanban

 ないものを悔やんでも仕方ないが、やはりホークス杉内であって欲しいと激しく思った昨日のノーヒットノーラン。
完全試合を逃がしたのが心残りだが、移籍一年目の大舞台で九州の逸材左腕は、やはり結果を出した。神経質な性格も最悪のシナリオを正面から受け止める事ができる、繊細かつ大胆なる左腕である証明だが、その裏返しというか今年のホークスは、大事な夏のシーズンを前にチームの力不足が顕著になってきたようだ。しかし、野手のバッティング不調は今年に始まったものではなく、今までは投手陣の支えがあって日本一になれたのも事実。
 杉内、和田と貴重な左腕を失い、失礼ながらも今までのスター選手は、年齢からくる肉体的な壁に前に進むのが難しくなりつつある。やはり、補強もありきだが底上げの選手がいかに重要かが露呈してきた最近のホークスのようである。
 鹿児島黒豚 万太