ボジョレー

mantaWritten by

20141112kanban

 今日は、ワインボジョレヌーボーの解禁日だそうです。
私がここ最近気になるのは、ワインのペットボトル化です。去年から見受けられるようになりましたが、フルボトルのペットボトルワインが1000円以下で普通に流通しています。飲んだ事はありませんが、単に酔っ払うためだけならこれでも良いでしょうが・・・
 焼酎でも日本酒でも、酔っ払うためならいくらでも安い酒で良いと思いますが、ただそれって寂し過ぎるように感じます。良いお酒は、やはり人手が多くかかっていますし原材料にも吟味された上質の物を使い時間をかけて仕込んでいます。良いお酒は、仕込まれた場所の風景を思い起こす力があります。また、飲み手もそれを期待し自分なりに解釈して酒を楽しむというのが、このボジョレーでもそうだと思います。
 ペットボトルにするというのは、重量の軽量化により運送費の軽減にかなり効果があるそうですが、フランスでは、今後このペットボトルワインを規制廃止へともっていきたいそうです。理由は、色々とあがっていますが、一番はワインの価値が下がってしまうということでしょう。ワンコインでフルボトルのボジョレーというのも聞きますが、個人的にはどうなのでしょうか。価値観というのは、人それぞれですが、お酒は時間と味を楽しみ、そしてその酒を語るのが嗜好品の大きな特長と思うのですが。
鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ 万太