年賀状

mantaWritten by

20141112kanban

 年賀状の発売が、先日始まった。
仕事柄、取引先等からの年賀状は多いが、私個人の年賀状は、ネットの発達と共に年々減少を続けている。年賀状といえど、手書きで表も裏も丁寧に手書きで賀状を頂く場合があるが、正直これが心のこもった年賀状というものだろう。プリンターで裏表一気に印刷をされている味気ない賀状を頂いても、正直あまり有難いものではない。
 こんな事言ってしまえば、勝手かもしれないが、やはり賀状は一言くらいコメントがあるのが出す側の最低限の礼儀であろう。普段会えない遠方の方への賀状であれば、尚更である。ある意味、少なくても良いから手書きで一枚一枚年賀状を書くことは、普段どっぷりとネット社会に漬かっている私たちには、ある意味必修の人間的作業にも思える。
鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ 万太