帰省

mantaWritten by

20141112kanban



 故郷に帰省するピークを迎えています。

やはり、久しぶりの故郷の空気は、懐かしく気が許せる一時ですが、帰省する時に手ぶらというのは、ちょっと気になるもの。せっかく手土産を持って行くのなら、気の利いた物にしたいと考えるのは、誰でも同じ事です。
 私自身、昔上京する時に博多の銘菓として、一つの土産を選びました。それは、「ひよこ」。これは、可愛いいし、昔から博多の銘菓として愛されてきた商品ですから東京の人でも喜んでくれるはずと、自信をもってお持ちしたのですが、相手方の反応にいま一つ感動がない。
 後でわかったことに、「ひよこ」は、東京では地元の土産として思われているくらい有名で、誰も九州の銘菓として理解している人はほとんどいなかった。わざわざ、袋に入れて九州から東京まで持って行ったら、既に東京で売られていた有名銘菓だったとは、何となく複雑だった事を覚えています。
 九州は、炭鉱で栄えた筑豊の街に後々に有名になった銘菓がたくさんあります。ひよこもそうですが、子供から大人まで人気のチロルチョコも、炭鉱の街が育てたお菓子メーカーです。

「ひよこ」は、九州の銘菓なんですよ!そこんとこヨロシクです!

鹿児島黒豚 万太