掲載

mantaWritten by

20141112kanban

 全国版の雑誌に取材いただいた本が、今週発売される。
焼酎と鹿児島黒豚の内容が主だったが、ここで感じたのは、流行だけで走るのか、それとも、腰を下ろしてじっくりと追いかけていくのかの二者択一が、この業界でもいえる。芋焼酎ブームというのは、家庭の食卓までも巻き込んだまさに大きい流れだった。そこで、ブレイクして大きく売上を伸ばした蔵元や酒販店が多かったが、仕事柄、鹿児島に行くことも多い私の耳にも、酒屋に客がやって来て、地焼酎の棚の左から右まで全部買うというような味よりも商品確保に走った人がとても多かった。また、お金目当ての個人ブローカーも存在し、法外な高値で売って利ザヤを稼ぐ人が多くいたのも事実。
 そんなこんなで、芋焼酎ブームの火も鎮火して、流行を当てに造りすぎて今度は原酒タンクが余る蔵元も出始めて、桶売りに急ぐ蔵元も次第に数を増やしていく事もあり、まさに煽られた故の過当競争のツケが展開された。
 これからの焼酎は、やっと冷静に飲み手も売り手も腰をじっくり構えて過ごす事が出来るのたが、一つ蔵元にお願いしたいのは、変わりすぎたご自身の蔵元の焼酎の味を元に戻す事ができるなら、戻して頂きたい。あまりにも飲みやすさ重視で、常圧なのに減圧のような味わいだったり、だるーく甘さを引く様なやや食傷気味の焼酎が氾濫している。これでは、飲み手が、どれを飲んでも大差ないとの感想を持つ人が間違いなく増えるし、万太のお客様の声の中にも同様な事をお聞きする。
 ブレない味造りの焼酎業界に今後を期待し、個性ある味わいの復活も是非望みたい。
 鹿児島黒豚 万太