そうめん

mantaWritten by

20141112kanban

 暑い日のお昼ご飯は、冷やしそうめんが涼感もあって良い。
ただ、今日食べたのは、「ひやむぎ」。同じ小麦粉の麺で中身は、ほぼ同じだがその中には赤や緑の色付き麺が入っているけど、そうめんには、入っていない。子供の頃、何故かあの色付き麺がとても食べたくて、家族で食べる時などその色付麺を先に探して食べていたものだ。呼び名の違いをちょっと調べてみたら、違いは、JASによると機械麺の場合、太さ直径1.3mm未満がそうめんで、1.3mm以上1.7mm未満がひやむぎになり、1.7mm以上はうどんと呼ぶそうである。
 端的にいうと、太さによって呼び名が変わるわけだが、そうめんの中には食用油を混ぜて仕上げてある麺が多い。昔、長崎の五島で食べた五島うどんは、とても美味しかった。この麺には、椿油が入っておりとても滑らかな麺で喉越しが、素晴らしく手作りならではの味わいだったのを覚えている。五島うどんで、冷やしうどんも良いかもな。
鹿児島黒豚 万太