鹿児島黒豚のお客様評価

mantaWritten by

20141112kanban

 最近は、外食産業が不景気々と色々なメディアが発信していますが、そうとばかりは言えないお客様がいらっしゃるのも事実。
ここ最近よくお客様からお聞きする言葉は、黒豚の味に対する感想や評価。お客様自身が何となくではなくて、美味い物を足を使って探されている事を強く感じます。手前味噌みたいな事を多く言うつもりはありませんが、お客様からの感想は肉質についての高評価を多く頂いております。
 私ども万太も、肉質については、更なる質の管理と良質な肉の仕入れにここ数年こだわってきた成果だと実感しております。チルドによる真空パック方式の荷姿への完全変更や、パックフイルムの厚み、キーリングと呼ばれる精肉賞味期限の厳守、かつ回転の良い肉の仕入れなど等に力を注いでいる結果と感じております。不景気故に店側もコスパを安易に下げようとした場合、食材の質の劣化を生む場合があります。それでは、何の意味のコスパ管理なのか支離滅裂になってしまいます。
 万太の鹿児島黒豚は、オーダースライスで定温管理を徹底し肉の入荷の管理を厳格にしています。これからの猛暑日がある意味多忙になってきますが、基本の肉質ならびに管理は常に一定です。
 鹿児島黒豚  万太