宮崎県農産品の購買をお願いします!

mantaWritten by

20141112kanban

 今、宮崎県の農業は、中部地域を中心に口蹄疫が猛威を振るっています。

農家の方々が、愛情を込めて育てた牛豚が口蹄疫の患畜として認定されれば、有無を言わせずに殺処分されます。畜産農家としては、繁殖し肥育され出荷の日を迎えるまでは、家族の一員のようにして生活しています。その家畜達が、今バタバタと倒れています。誠に残念ですが、これが今の現実であり初期の防疫に失敗した実例です。国並びに諸関係の機関は、責任は免れません。
 被害者は、畜産農家の方々が一番ですが、そこに肥育されていた牛や豚達も立派な被害家畜です。彼等も、何が何かわからず痛みに苦しみ殺処分されるのを待つのみですが、該当農場にいる未発症の家畜も全て殺処分対象になります。
私自身も、と畜場と呼ぶ「命」の現場を何度となく見学させてもらった事がありますが、そこは、人間は他から命を戴かないと生きていけないという事を痛切に体感出来る厳粛な場です。私自身は、それ以来、食べ物には一層感謝の念を抱くようになりましたが、今の宮崎県の現状は、その理想的な形とは全く違います。
 と畜場には、作業中は常に獣医が立ち会っており肉の品質管理や状態には、厳格な審査を行っています。風評に惑わされる事なく、皆様、宮崎県産品の農産物をどうぞ購買お願いします。このblogをご覧になった一人一人の方々が、スーパー等で見かけられた宮崎県産品を買っていただければ、農家の方々が少しでも潤う事が出来ます。
 私自身は、鹿児島黒豚を扱う一飲食店ですが、やはり隣県の宮崎県は、鹿児島の良きライバルでもあり日本の畜産県としての自負があります。
何とぞ、今の宮崎県の状況をご理解頂き、農産物を購買して頂きますようお願い申しあげます。

鹿児島黒豚 万太