酒談義

mantaWritten by

20141112kanban

 いやいや、今日は楽しいお客様だった。
まだ、お若いお客様だが、鹿児島の御出身という事で昨今の芋焼酎談義に花が咲いた。芋焼酎の味わいや、蔵元によって味の癖や性格があること、宮崎県の焼酎と鹿児島の焼酎の味の違い等など楽しい談義だった。
 その上、一緒にご来店されていた後輩の方は、焼酎がダメだとおっしゃっていたが、最後の方は、芋焼酎を飲める事がわかり、しっかりと飲み干してお帰りになった。梅酒が好きなその後輩さんは、これから芋焼酎に乗り換えられるらしい。芋焼酎談義でメデタシメデタシ!

鹿児島黒豚 万太