名前だけの焼酎

mantaWritten by

20141112kanban

 有名どころの焼酎銘柄が無断で外国の登録商標に申請されているニュースが世間を賑わしています。
売名だけを目的に実体の伴わない姑息なやり方こそ、まさに偽りの極みです。まだまだ、名前だけの焼酎の類で一攫千金を狙う人がいること自体が信じられないし、酒の作り手やの歴史を冒涜する愚行であるとしか言いようがありません。歴史ある銘柄を重視し美味い焼酎の銘柄を追求する熱心さには共感できるところが多いですが、特定銘柄だけが美味いといったナンセンスな感覚だけは理解に苦しみます。
 希少価値から価格が高くなる市場原理はある程度理解できますが、単に商標や酒自体を転売して利益を上げる行為は、「酒」に対しての興味は無いと言い切っていいでしょう。既に焼酎バブル時代など、昔日の出来事であり本当に焼酎を好きな人だけが、ゆっくりと味わいある酒を探し楽しめる時代になっています。また、以前のように一杯2000円というような完全に価値観ズレの価格は、単に焼酎文化を傾斜させるだけでしかない事を肝に銘ずべきです。
鹿児島黒豚 万太