駐車

mantaWritten by

20141112kanban

 路上の駐車は、基本的に規制がない場所以外は全て違反というのは、免許を持っている誰もが知る常識。
しかしながら、荷物の積み下ろしや客待ち等、普通は違反でも目をつぶってるのが実情と感じる。博多中州は、九州一の歓楽街だが、ここに国体道路と呼ぶ中州を横断している道路がある。ここの道路が夜半から深夜にかけて客待ちのタクシーで車線が半分以下になり、車の往来が著しく渋滞する悪循環が続いていた。
 そこで、遊技場の駐車場を借り上げてそこにタクシーを客待ちさせる半ば社会実験が始まったが、やはりというかその著しい渋滞は、そこを避けて別の場所に飛び火していた。深夜、仕事終りに中州付近を通る用事が多いのだが、中州付近はお陰で渋滞は減ったものの、その延長線上の天神付近の深夜渋滞は、以前の中州の渋滞と同じ光景を繰り広げていた。市内におけるタクシーの数は、一緒であるわけだから急に客待ち禁止となって、駐車場内の客待ちエリアに全て詰め込むというのも思い通りにはならないのが現実であろう。タクシードライバーの方の生活もかかっているわけで、それを全てアウトにしたら身も蓋もない。あちらを〆れば、こちらが詰まる。携帯GPSなどを使えば今やタクシーが呼べる時代になってはいるが、まだまだ人間の方がそれを使う努力をしていないのも事実。駐車問題は、難しい社会問題である。
鹿児島黒豚 万太