黒豚角煮の仕込み

mantaWritten by

20141112kanban



 忘年会シーズンの真っ只中、万太では人気の黒豚角煮の仕込みが毎日忙しく繰り広げられています。

万太の黒豚角煮は、と畜毎に万太がオーダーを入れる皮付き三枚肉で仕込みます。普段は、レギュラーカットと呼ばれる皮無しの三枚肉を料理に使いますが、やはり黒豚角煮は、皮付きが断然美味い!黒豚バークシャー独特のサッパリとした三枚肉は、皮付きの力で更にコクのある味わいに変身します。

 最初の仕込みの流れは、皮付きの残毛を丁寧に処理する事から始まります。料理が完成するのは、この工程から二日後。何時もお世話になっている鹿児島の食肉処理場の方のおかげでほとんど修正が要らないくらいの良い状況ですが、最後の詰めは、やはり手作業が必要です。魚の骨抜きを使いながら一つ一つ下処理を進めて行きます。この様な工程で料理は進んで行きますが、美味しい黒豚角煮料理の裏側には、日々愛情をこめた料理を作るスタッフが支えています。

鹿児島黒豚 万太