携帯電話の寿命

mantaWritten by

20141112kanban

 壊れかけていた携帯がとうとう具合が悪くなってしまった。
仕事用の携帯だけど仕事で毎日酷使しているせいか傷みが早いようだ。携帯電話の機能は、ほとんどが電話を受けるかかけるかで、時間がある時にニュースを見たりブックマークしたのを閲覧したりで付加機能の10パーセントも使っているだろうか。ある意味、簡単で必要最低限の機能などをカスタマイズ出来る方が使っている者としては大変ありがたいのだが。携帯だから傷みも早くなってしまうけれど、たまにメチャ旧式の携帯を使っている方を見かける。ひと昔くらいよりも結構古そうで、アンテナをびょんと引っ張り出して使う携帯だったりする。物持が良いというか何年使っているのか聞きたくなってしまう。携帯電話は、普通の使い方だと2、3年使えば普通買い替えだろうが、ここ最近はレアメタルの回収強化という事で新規契約時に古い携帯を提供すると金券が当たるキャンペーンも行っている。
 しかし電話は、昔は大変貴重な物で固定電話なんか自宅に電話がない時など、近所に電話をかけに行っていたものだ。「すみませーん 電話貸してください」と10円玉を一枚置いてかけさせてもらったりした。市外電話は、100番経由で通話料金を払ってかけさせてもらったりもした。大体、公衆電話も少ない時代だったのでこんな風景は、普通だったな。昔の家にある電話は、大切に扱われていてよくレースのようなカバーなどがしてありましたけれど、これがまた逆効果で受話器が浮いたり外れたりと何かとトラブルの原因でしたな。しかし、今や携帯は1人1台というより2台3台と持っている人もいる。おまけにGPS機能付きで地図が表示されて電波が届けば山の中でも歩けたりする。今や携帯電話は、身体の一部か。
鹿児島黒豚 万太