過去の栄光

mantaWritten by

20141112kanban

 海の向こうで活躍していた元マリナーズの城島選手が阪神入りする事が決まった。きっと、縦縞のユニフォームを着ても素晴らしいプレーを見せてくれるだろう。ホークスも本人の古巣という事もあり、獲得に名乗りを挙げていたが最終的には、阪神に落着く事になったのは、個人的には良かったと思っている。確かに、海外のメジャーで活躍した実績はあるし成績も残している。
 しかし、ここで城島選手が古巣に帰り現役選手として活躍したなら、現ホークスで実績を積み結果も出して、努力の甲斐もありやっと目が出た捕手の立場はどうなるんだろう。ホークスは、今年は3位だったとはいえども、まだまだ若手選手の台頭が際立つほど目立ってはいないし、現在もベテラン選手の力に頼っているのが事実。だが、ここで城島選手が戻り正捕手の位置を取るならば、間違いなく若手のやる気は削がれる。入団すれば年俸も他の選手と比べると高騰しているし、ホークスの選手年俸合計はプロ野球全体でもトップクラスになっていて台所事情も軽くないと聞く。競争の世界とはいえ、若手を育てる空気は望めないだろう。指導者としての年齢にしては、まだ少し若すぎる。若手を育てる事と新人を発掘する事に力を注いだ方が必ず、今のホークスには未来がある。結果が全てのプロの世界。栄光の実績は素晴らしいが、人は必ず老いる。しかし、ホークスは永遠だ。
鹿児島黒豚 万太