ホークスのペナント優勝旗は遠く

mantaWritten by

20141112kanban

 パリーグクライマックスシリーズ第2戦は、お家騒動に揺れるハンディをものともせずに、東北楽天ゴールデンイーグルスが勝利し日ハムとリーグ優勝そして、日本シリーズ出場権を賭けて決戦の日を迎える事になった。
残念ながら、ホークスはリーグ3位がここで確定し今年一年の試合は全て終了。楽天の投手陣は、予想以上に力強く、初日の岩隈、そして2日目の田中と見事な連続完投勝利だった。かたやホークス陣は、つい先日の公式戦最終戦と似たような単調な攻撃で終わってしまった。残念だけど、覇気が感じられないし何かどうしても勝つんだという意気込みがテレビ画面からも伝わってこないのは、何故だろうと思ってしまう。
 楽天のあの山崎選手は、厄年の年配ながら(失礼)物凄いホームランを放つあのパワーには、全く脱帽である。ベンチで悔し涙にくれる小久保選手が、とても印象的だったけれど、ホークス若手選手のガッツをどうしても感じないんだが。若手選手の多くは、福岡ダイエーホークスの時に味わった日本一という歓喜の体験がないから、何か他人事のように感じているのかもしれない。達成感や充実感は、勝利への後押しをしてくれる事は間違いない。ホークスの若手の方々は、是非ともこの体験を数多く持って欲しいと思うクライマックスシリーズの敗北だった。
鹿児島黒豚 万太