ホークスいよいよ明日はホーム最終戦

mantaWritten by

20141112kanban

 明日は、今年最後の福岡ヤフードーム最終戦が開催!
長かった今年のペナントレースも、ホーム最終日を迎える。今年のホークスは、王監督より秋山監督へ世代交代があり、新生ホークスとしてリーグ最下位からの出発だったが、何とかクライマックスシリーズには出場権を得ることが出来て良かったと思う。やはり、最低限はAクラス確定であり、目指すはペナントの奪取なのだが、今年は、やはりというか東北楽天の台頭がパリーグの中でも群を抜いている。
 野村ID野球が、やっと花を開こうとしているチームの結集力は、勢いが付いていると言って良い。気迫とネバーギブアップ精神が、テレビの画面からも伝わって来るのが、今年の東北楽天の姿。東北楽天の姿を見ていると、王監督の下福岡ダイエーホークスが初優勝をした姿とダブって見えて、選手達が生き生きとしている。気持ちが、攻めなのか守りなのかで雰囲気もガラリと変わる。クライマックス3位だが、リーグ優勝を逃したわけではない。逆に、ホークスは1位通過だったがクライマックスで負けた経緯がある。(しかし、その時はアドバンテージはなかった)
 ホークスは、フリキレがキャッチコピーだが。今のホークスは、フリキレよりもネバーギブアップだ。気迫で負けてるシーンが多いホークス。気にしていても、仕方ない。過去のリベンジで、上位2チームを揺さぶり落として欲しい。もう残りナンボもない、口上で上手い事言う前に、激突で相手と勝負!
鹿児島黒豚 万太